*

ニキビを予防するスキンケアと洗顔

古い角質が厚くなって重なり毛穴を塞ぐことが、ニキビができる原因の一つで、角質が厚くなるのは、肌が水分不足になり乾燥してしまうことで起こります。

このような角質肥厚を防いでニキビができないように予防するには、肌に潤いを与え、しっかりと保湿するスキンケアと清潔を保つ洗顔が大切です。ニキビを治すんジャー!

ですが、より清潔を保ち、古い角質も全て洗い流したいという思いから、1日に何回も洗顔してしまう方がいらっしゃいます。

ですが、洗顔のし過ぎは、反対に乾燥を招くことになり、さらに、洗顔後は化粧水だけというスキンケアは、乾燥を防ぐことはできません。

1日、朝と夜の2回の洗顔で十分です。

できれば、シンプルな固形石鹸を使って余分な皮脂や汚れを落とすようにして、さらには、熱湯を使用すると要らない汚れだけでなく必要な皮脂も落としてしまい、また、洗えてないところが残っていると肌トラブルを招くことになりますので、しっかりと正しい洗顔法を身に付けて下さい。

しかし、乳液やクリーム、オイルなどに含まれる油分を肌に与え過ぎると、アクネ菌の栄養源になってニキビを増やすことになりますので注意して下さい。

これらの油分は、できるだけ控えて、セラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などの美容成分を多く含んだ保湿美溶液を使用しましょう。

また、洗顔のときは、爪でニキビを傷つけたり、強く擦ったりしないように注意が必要です。

傷ついたニキビが炎症を起こして痕になって残ったり、強く擦ることでシミとして残ったりしてしまいます。

 



コメントする