*

2015年12月

止水プラグと下水道カメラ

日本の輸入量から換算したバチャルウォタ量は、約800億㎡で、日本国内の使用水量とほぼ同じといわれています。日本の食料自給率は、約40%ですっこの値を「もっと高くすべき」とし意見もあります。40%の生産のために使用している農業用水は、現在、約:550億㎡です。単純に計算しますと10%上げるために約140億㎡の水が必要となります。日本国内の水資源利用率は、約20%です。

浄化槽を設置し、所定の水質まで浄化をして流すように法律で定められています。しかし、広大な農地や山林の所有者に対して、窒素やリンの流出に対して、排水規制をするのは経済的です。

伸縮式複式止水プラグはラグ式泥よけキャップ密閉プラグしきになる。

必ず停止してから手を触れるようにする。また遠隔操作機器や自動運転機器はスイッチを切り替えたり主電源を遮断する等により作業中に突然動き出すことのないようにする②電気設備の場合は感電に注意する。

事や施設の現状の健全度平均を保つという目標を設定しておりましたがそれらの目標は概ね達成出来ている。ことから手法を導人した効果はあったと考えております。計画と実績との比較検証再構築基本止水プラグと下水道カメラに計画に登載されている。